スヌーズとの戦いに毎度勝っていた私が朝4時半に早起きできるようになった方法を教えよう

 

こんにちはJackです!早起きが大得意です!

早起きできないやつクソだぜ!

 

などと申しておりますが実は先日までは2度寝、3度寝は当たり前のクソ野郎でしたw

 

 

なんせね。二度寝、三度寝って気持ちいいんだよね。なかなか止められない。起きられない。

 

 

しかし早起きは三文の得というぐらい得なことが多い。

 

 

朝の時間というのは誰にも邪魔されないのでできれば早起きしたい。。

 

 

どうすればいいのか!?そんなお悩みにお応えしましょう!

 

 

目次

 

1.起きてからやることを決める

2.寝る前の準備

 2−1テレビを見ない

 2−2スマホを持ち込まない

 2−3お風呂に入る時間

3.起床後の動き

4.日中の動き

5.まとめ

 

 

1. 起きてからやることを決める

 

 

 

まず早起きの一番のこつとしては、起きてからやることを決める!です。 

 

これ失敗しがちなのが、「よっしゃ明日から朝ランニングだ!」と普段運動しない人が無理な設定をする場合ですね。

 

ぶっちゃけいきなり運動はしんどいのですぐ止めてしまう人が多いです。事実僕も朝ランは止めました。(普段から運動してるんですが)起床直後の激しい運動は体が動かないし、あまり体にもよくないですからね^^

 

ランニングよりはウォーキングのほうがいいでしょう。緑があるところなんかをゆっくり歩いて、朝陽を浴びるのも最高の瞬間です。

 

起きてからやることは、なるべく楽しいことを設定しましょう。きつくなりすぎ

自分のペースでやれるような事がいいでしょう。趣味なんかも朝方にもっていくと自然と朝起きるのが楽しくなります。

 

それとか早めに出社して一駅分歩いてカフェで朝食なんかもかっこいいですよね。それが続いて慣れてきたらカフェのついでに読書をして一冊読んじゃうなんてことも可能です。

 

とにかく朝起きてからやることは、なるべくキツくなく自分の気持ちが高揚するような物がいいでしょう。

 

見つからない方は、朝ウォーキングや朝ヨガなんかもいいんじゃないでしょうか!?スッキリしますよ!

 

 

2.寝る前の準備 

 

 

 

 2-1.テレビをみない

 

寝る2時間前にはテレビを消しましょう。TVから発せられる光はかなりの明るいので、これだけ明るいとどうしても刺激になってしまうので脳が休めません。

 

またさまざまな情報が目を通して脳に届けられるため一種の興奮状態になります。そうすると脳が働き出してスイッチオンの状態に入ってしまいます。こうなるとなかなか寝付くのが難しくなってきます。

 

 

 

 2-2スマホを持ち込まない

 

スマホも同様ですが、ブルーライトの光が睡眠を邪魔してしまいますしスマホだと能動的情報を取りに行ってしまうので、TVよりも頭が覚醒しやすいです。ですので寝る前のスマホはNGです。

 

 

 2-3 お風呂に入る時間

 

 

ぐっすり眠るには、寝る30分前がちょうどいいでしょう。

 

お風呂を出て、ある程度体のほてりがなくなってからちょうどいい就寝になるでしょう。実際お風呂上がって歯磨いたりとかしていると30分ぐらい経っちゃうので。

 

ただ、お風呂の温度は38−40℃が適温かと思われます。

 

 

42℃以上の高温のお風呂は寝る前に止めましょう。熱さで完全に体が起きてしまいますので!暑いお風呂に入りたければ3−4時間前がいいかと思います。

 

 

 2-4 部屋を暗くする

 

 

夜家に帰って、いつまでも蛍光灯の光を浴びるよりは、間接照明などをうまく使って、体をリラックスモードにもっていきましょう。蛍光灯の光をいつまでも浴びていると、中々体が就寝モードに切り替えられませんし、寝る前に急に真っ暗にしても中々寝つきが良くなりません。

 

ですので夜はある一定の時間になったら間接照明に切り替え徐々に体を就寝モードに持って行くようにしましょう。

 

 

3. 起床後にする動き

 

起床後は、すぐにコップ一杯の水を飲むようにしましょう。就寝中は体から水分が失われていますので、コップ一杯の水を摂ることによって頭が起き、また毒素を除去するのに役立ててくれます。また空腹時に水を飲む行為は新陳代謝を盛んにする効果もありますので、朝の一杯で健康的にダイエットも可能ですね。

 

お湯でもいいんですけど面倒でしょ。なので私は水にします。

 

水を一杯飲んでから、次の動きに入りましょう!!着替えでもシャワーでもなく水を飲みましょう!!

 

 

 4 日中の動き

 

急に早起きをしだすと日中眠くなることが良くあります。こういったときは昼寝しましょう!ただ30分以上の昼寝は厳禁です。30分以上とると日中の睡眠をとりすぎて、夜寝れなくなってしまいますので30分以内にしましょう。

 

私のオススメの昼寝術は寝る前にコーヒーを一杯飲んでから、作りに突っぷくするようにして寝ます。すると30分後にスッキリ目覚めることができます。

 

カフェインの作用がちょうどこのぐらいに効いてくるらしいので、ちょうどよく目覚めることができるようです!

 

 

 5. まとめ

 

・起きてからやることを決める

 

朝起きてやることが決めれば早起きが楽しくなる!

 

・寝る前の準備は怠らない

 

就寝するにあたって寝る準備をきちんと行うことによりすぐに眠りにつけるようにする

 

・起床後にする動き

 

まずは水を一杯飲んで体と脳を起こすべし!

 

・日中はうまく睡眠をとる

 

眠くても日中は30分以上の睡眠を取らない!

 

 

 

私自身、お酒を飲みに行くのが大好きで毎晩浴びるように飲んでました笑

ですので毎日目覚ましがなってもスヌーズ機能と戦うのですがその戦いに勝ってしまいギリギリで出社なんてことはしょっちゅうでした。。

 

 

しかし、お酒飲むのも大好きだし筋トレも好きだしで、どうするかな〜と

考えていたら、よし朝に筋トレすればいいじゃん!と酒を飲むために早起きするという発想になりました。

 

 

さっそく早起きを実践しますが中々上手くいかず。。。そうなってくるとどうやったら起きれるか?というのを実践しだしていく中で上記の行動にまとまってきました。結果お酒を控えるようになりました笑

 

 

私の朝のルーティーンは、朝起きてまずプロテインを一杯飲みます。その後、すぐ着替えて出社です!会社まで約4km近くですが歩いて通勤してます。

 

 

約40−50分ほど歩いてます。通勤時間は歩いて長いので英語の音読をしながら歩いてます!会社に着いたら荷物を置いて、近くのジムで筋トレし終了後、会社で読書を開始します!ここまででも誰も出社してません。

 

 

朝の運動は捗るし、本はたくさん読めるし、出社が早いので褒められるしでいいことづくめです。

 

 

また夜のお酒も控えながら飲むようになりました。飲みすぎると次の朝辛いので。全く飲みに行かないことはないですが、適度に嗜む程度にコントロールするようになり、健康的になってきましたね!

 

 

早起きすることは徳しかありませんので是非皆さん実践してみることをオススメします!

 

 

皆様の快適なライフを〜

 

 

ではでは〜

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です