海外出張で時差ボケが辛かったので対策法と治し方をまとめてみる

f:id:xxx-jack-ooo:20170820150319j:plain

 

こんにちは〜Jackです!!

ただいまタンザニアから日本へ一時帰国中です!

 

実は、ここのところブログの更新が止まっていたのですが何故止まっていたのかというと時差ボケで体と頭が思うように動かなかったのです。。

タンザニアとは6時間時差でタンザニアのほうが6時間遅いんですね!

なので日本で朝6時は向こうで夜中の0時になるんです。

 

 

なので朝方眠くなる感じなのですが、眠くなって寝ても日が昇っているので1〜2時間ぐらいしたら起きちゃう。。。を一週間ぐらい繰り返してました。。。

それもそのはず、今回は時差ボケ対策をせずに帰国したため狂いまくってしまったのです。。。

 

こんな辛いことにならないように、時差ボケ対策を皆さんにお伝えして快適な日常を送っていただきたいです!

 

 

 

目次

 

1 帰国前の行動

2 飛行機に乗ってから

3 対策しても時差ボケになったら

4 まとめ

 

 

1 帰国前の行動

 

さていよいよ帰国の時がせまってきました、楽しかった旅行も終盤に差し掛かっておりますが、楽しかった旅行が帰国して悪魔の時差ボケにならないようここでしっかり対策を取っておきましょう!!

 

 

帰国の2〜3日前には遅寝、遅起きで行動するようにしましょう。一日の時間を伸ばすよう調整して上げましょう。なるべく現地時間にあわせた動きを取ることで時差ボケにならずにすみます!

 

 

 

2 飛行機に乗ってから

 

 

・帰りの飛行機に乗り込んだら、すぐに現地時間に合わせましょう。機内では

 現地時間に合わせて過ごすようにし、いつ寝て、いつ起きているか判断しま

 しょう。

 

 

・機内では、現地時間に合わせて睡眠を取るようにしましょう。現地が夜なら眠り、朝になったら起きる!

 

 

・コントロールして眠るための準備として、アイマスクと耳栓があるといいでしょう。

 

また、眠れない時にはアルコールを少量取るの方法もあります。しかしアルコール飲み過ぎには注意しましょう。飛行機の中は気圧も低く酸素も少ないので、地上に比べて酔いが早く回ってしまいます!飲み過ぎて寝てしまうとただの気絶状態になってしまうので、あまり良い睡眠はとれません。気おつけましょう。

 

 

・機内では十分に水分を摂るようにしましょう。

 機内での脱水は、エコノミー症候群を誘引する恐れがありますので気おつ けてください。

 

・出された機内食はしっかり食べましょう。体内時計は食べ物を食べる時間と関わりが強いので、決まった時間に食べることで体内時計を正常にコントロールしてくれます。

 

機内食が出されるタイミングというのは基本的に現地の時間を考慮した時間に出されるためお腹が空いてなくても頑張って食べましょう。全部は食べなくて良いです。時差ボケ対策には非常に有効です!

 

 

3 対策しても時差ボケになったら

 

 

 

・日中眠くなっても、2−3時間寝る程度にとどめておきましょう。

 

 

・現地時間に合わせて食事を摂るようにしましょう。

 

 

・日中適度に運動し、体を疲れさせて眠るようにしましょう。日中ぼーっと過ごしてしまうと、そのまま寝れなくなることが多いです。

 

 

・それでもどうしても、時差ボケがなおらない場合は、睡眠導入剤を使って夜の時間に眠るようにしましょう。

 

 

4 まとめ

 

 

 

今回、私は上記の対策を全くせずに帰国いたしました。

 

いつもやってるのですが慣れてきたせいか”大丈夫やろ!”とタカをくくって好きなように寝て、好きなように飲酒をして機内ライフを楽しんでおりました!なんせ長時間フライトなので毎回暇すぎてたので、今回は楽しみすぎました笑

 

 

がしかし、しかしですね帰国したら時差ボケが非常に厳しい状態になってしまいました。。。

なんか寝れなくなるし眠いしで非常に辛い日々を過ごしてしまったのです。

 

 

これはそろそろヤバイぞということで、3番の帰国後の方法を試していたんですが狂いすぎて効かない。。。

 

 

なのでお医者様に睡眠薬を処方してもらいました。

 

 

これを2、3回続けたら睡眠が元に戻って、今では快適な睡眠ライフを過ごしております。昔から調子に乗る性格でしたので、一人でフライトしててもひゃっほぉおおおいってやっちゃうんですよね。今後は気おつけて機内ライフを楽しみたいと思います笑

 

 

今回は、帰国編ですが出国の際(海外旅行に行く際)は上記のことを逆にして読むといいかと思います。

 

 

海外旅行や出張に行く皆様、どうぞ参考にしてください!

 

ではでは〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です